• WEB担当

災害ボランティアセンターを支援!JoyLinksとは

ロジスティーダジャパンでは、災害ボランティアセンターの運営を支援するシステム「JoyLinks」の沖縄県内での導入をサポートしています。


災害ボランティアセンターとは、その名の通り、災害発生時、ボランティアの力を借りて、復旧・復興を実現するための活動の拠点となるところです。ボランティア活動を円滑に進めるために重要な役割を担います。


日本では、東日本大震災など巨大地震による災害をはじめ、豪雨、豪雪、台風、津波、噴火などの自然災害のほか、近年はテロや大規模事故、感染症拡大など自然災害以外の様々な脅威に直面しています。一日も早い復旧・復興のために、ボランティアの支援活動は非常に大切で、ボランティアなしでは、被災地の生活再建は成り立たないと言われるほどその重要性は高まっています。



災害ボランティアセンターの役割は、被災者ニーズを把握し、そのニーズに対してボランティアを派遣するだけではありません。ボランティアの募集・登録から受付、マッチング(調整)、マネジメント、資機材の貸出・管理、活動記録・報告、行政、関係機関との連絡、メディアへの情報発信など多岐に渡ります。

ところが、現在これらの業務がすべて紙ベースで処理されているのです。非効率なオペレーションによって生じるタイムロスや行政への業務負担は計り知れません。


そういった業務をすべてシステム化し、災害を可視化、スピーディーな情報共有に繋げるのがJoyLinksです。

特別な機材は不要。PCやスマホとネット環境があればどこでも稼働できます。誰でも使える操作性に優れたシステムなので、支援チームが被災地に入れない場合でもボランティア自身で素早く運用が可能です。災害時だけでなく平時も一般的なボランティアの情報発信をするなど、常に動くシステムとして活用でき、行政の負担軽減に役立ちます。


当システムにご興味のある方は、下記までお問い合わせください。



<開発・運営>

株式会社コンサイド

代表取締役 畑 謙司

メール: kenji_hata@conside.co.jp

URL: https://www.conside.info/joy-links



沖縄地区の問い合わせはこちらまで

ロジスティーダジャパン株式会社

メール: contact@logistida.com



JoyLinks
.pdf
Download PDF • 691KB


閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AGVとAMR

LCLとFCL